善玉菌を増やして元気な生活を送る

善玉菌を増やす為には・・・

善玉菌を腸内に増やす方法として、善玉菌を多くふくむ食物を積極的に体内に取り入れることがまず挙げられます。

 

ビフィズス菌などは体内で自然に作り出すことができない菌になりますので、食事やサプリメントなどで体外から摂取することが必要になるのです。

 

そしてもうひとつの方法として、悪玉菌を増やさないという方法があります。

 

人間の腸内には善玉菌と悪玉菌が常に存在しています。健康な状態だと善玉菌が優勢な状態で存在しているのですが、体調を崩してしまうと悪玉菌が善玉菌よりも優勢でいる状態になってしまいます。

 

このようなことを考えると、善玉菌を増やすためには悪玉菌を増やさないような状態にすれば良い、ということも言えるのです。

 

悪玉菌は、偏った食事などでも増える

主に肉食を中心とした食事です。

 

善玉菌を増やす方法として、食物繊維を多く取ることも大事だと言われています。肉食中心の食生活になって食物繊維が減ってしまうと悪玉菌が増える要因のひとつになってしまうのです。

 

そして疲労やストレス、不規則な生活や寝不足など、こういった原因でも悪玉菌は増えてしまうと言われています。ストレスを感じると胃液や腸内の消化液の分泌が鈍くなってしまい、悪玉菌が活性化しやすい腸内環境ができてしまうからです。

 

抗生物質を服用することも悪玉菌を増やす

抗生物質は、体内の病原菌を死滅させたり増幅を抑えたりする効果のある薬です。病気の際に処方されることが多いですが、病原菌を死滅させると同時に善玉菌にも効力を発揮してしまうのです。

 

抗生物質の長期の服用は腸内のバランスを崩してしまう可能性も出てきますので、気を付けて服用するようにしましょう。


善玉菌を増やす食べ物

善玉菌を多く含む食物としてまず挙げられるのは乳製品です。有名なのはヨーグルトですね。

 

ヨーグルト以外にも、チーズ、納豆、味噌、キムチなどの発酵食品にも善玉菌は多く含まれています。

 

そして善玉菌を増やすには、善玉菌のエサ、善玉菌が増幅する栄養源となるオリゴ糖を含む食物を一緒に摂取することがより効果的になります。

 

オリゴ糖のほかにも、食物繊維を多く含む食物を一緒に摂取することも善玉菌を増殖しやすい腸内環境を作るのに効果的だと言われています。

 

乳酸菌も善玉菌の代表格といえる菌になりますが、乳酸菌は主に発酵食品に多く含まれています。そして乳酸菌は、腸内の環境を整えて、もともと存在している善玉菌をさらに増やす働きもしてくれるのです。

 

しかし弱点として乳酸菌は胃酸で死滅しやすいとも言われています。腸内に届けるために、「生きて腸まで届きやすい乳酸菌」を摂取することが必要になってきます。

 

この「生きて腸まで届きやすい乳酸菌」は、食物の中では漬物やキムチなどの中に多く含まれていると言われています。また、味噌などの発酵食品の中の「植物性乳酸菌」は胃酸や消化液に対して比較的強いと言われています。

 

最近ではヨーグルトでも、生きたまま腸まで届きやすい乳酸菌を含んだ商品も市販で販売されるようになっていますので、意識して選ぶようにしてみましょう。


お役立ちサイト集